スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) スポンサー広告

円を斜めから見たときどう見えるか(透視投影的に)

円を斜めから見たときどう見えるか。
透視投影的には楕円になる。手前がふくらんだりするわけではない。
ただ、この世に円なものはほとんどなかったりする。
例えばコップの端とかアールになってるので、円ではなくトーラス(ドーナツ型)を透視投影したアウトラインになるはず。
で、トーラスを透視投影すると手前のほうがふくらむはずなんで、透視図的にもお絵かき的にも円っぽいものを斜めから描くときは楕円ではない曲線で描いたほうがそれっぽくなるのではないかと思うのだが。
どうなんだろう。


イメージ図


関連記事

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/19(水) 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<パスカルの定理で楕円とか双曲線を描く(包絡線) | ホーム | 円の描き方10 パスカルの定理で4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linearpers.blog75.fc2.com/tb.php/106-ef6cd032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。