FC2ブログ

立方体があったとき90度の視円錐(90度円)を求める方法

次のような立方体があったとき90度の視円錐を求める方法を。


立方体があったとき90度の視円錐を


3方向の消失点を求める。それを結んでできた3角形の辺が立方体の面の消失面(ひとつは水平線)になる。
その3角形の垂心が視心になる。


立方体があったとき90度の視円錐を


3角形の各辺を経とするように3つの円を描く。円と垂線の交点がS点(SP、Standing Point、Station Point、立点、停点・・・ 角度点


立方体があったとき90度の視円錐を


消失点を中心にS点を通るように円(M円)を描く。消失線との交点がM点になる。


立方体があったとき90度の視円錐を


視心から消失線と平行な線をのばしM円との交点を90度の視円錐はとおる。90度円は次のとおり。


立方体があったとき90度の視円錐を


90度円を求めるだけなら次のようにも


立方体があったとき90度の視円錐を


追記
90度円を求めるだけなら次でよかった。


立方体があったとき90度の視円錐を


ついでにすべての円を重ねてみた。


立方体があったとき90度の視円錐を







関連記事

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/18(金) 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<立方体があったとき90度の視円錐(90度円)を求める方法 ― 2点透視法 | ホーム | 3DCG>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linearpers.blog75.fc2.com/tb.php/110-c02f69eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示