スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) スポンサー広告

直線は半直線に見える

キャンバスと平行でない直線はキャンバス上では半直線(端を一つ持つ直線)になる。

その半直線の端点を消失点(Vanishing Point)と呼ぶ。

視点と消失点を結ぶ直線は実世界の直線と平行になる。

直線は半直線に

ちなみにキャンバスと直線の交点に意味はない。

どんな絵になるかは視線の方向=キャンバスの向きによるもので、どこに置くかは重要ではない。 さらに言えば、いちばん重要なのは視点をどこに置くかということだろう。たぶん。

追記:キャンバスとの交点は、実世界での直線の特定に使えるわけで意味はあるかも・・・

作例:レーザー光線

レーザー光線

ゆるい証明

直線と視点を含む平面上で考えればなんとなくわかる気になれる。

直線は半直線になるゆるい証明

課題:説明図が汚すぎ。

関連記事

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/11/04(火) 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<平行な直線の消失点は同一である | ホーム | 線分は線分に見える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linearpers.blog75.fc2.com/tb.php/4-1e61f0c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。