スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) スポンサー広告

同じ長さの線分で折れ線を描く

同じ長さの線分で折れ線を描いていく方法いろいろ。
線分ひとつ、消失点二つ、90度の視円錐が決まっているとき、折れ線はどうなるか。


折れ線をひいていく



方法1.角を2分割


一気に回転。
折れ線のつくる3角形が2等辺三角形であることを利用。
手数はいちばん少ないか。まっすぐ進むとき(折れ曲がらないとき)は使えない。


折れ線(2等分角)



方法2.M点を使って


線分を消失線と平行なところまで回転、そこからまた回転する。
ふたつの線分が同じ長さであることを利用。
まっすぐ進むときも使える。


折れ線(M点)



方法3.図面におこして


与えられた線分をキャンバスと平行なところまで回転(図面をおこす?)、キャンバスと平行な面上で作図して元の平面に戻す。
図面をどこに起こすか、どうやって起こすかはいろいろあるけど、折れる点を軸にしてM点を利用してみた。


折れ線(図面)



めでたく全部同じ結果になった・・・





関連記事

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/05(日) 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<折れたリボンの描き方 | ホーム | 螺旋(Spiral)を描いてみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linearpers.blog75.fc2.com/tb.php/51-f5cb874d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。