スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) スポンサー広告

球の陰と影 平行投影

球の陰だけではなく影もみてみたいので、前節の太陽の位置のまま視線を30度下におろす。
球は平らな地面にのっているものとする。
地面、太陽の位置は次のようになっている。


球の陰と影 平行投影

透視投影用の太陽の消失点、消失線は次のようになる。


球の陰と影 平行投影


明部と暗部の境目はおのずと決まる。影のかたちを求める。求め方は要検討。


球の陰と影 平行投影


色を塗ってみる。太陽の位置は45度にこだわらないほうがよさそう・・・そのつど適当に決めていくことにしよう。


球の陰と影 平行投影


いちおう陰(Shade)と影(Shadow)について。モノの暗いところが陰でモノによって光が当たらないところが影。
なんだが、できるだけ影と陰は区別しない方向でいけないかと思っている。
影のあるところにあるのは光ではなく陰。影と陰はペアになっている交換可能ななにかだと感じられるから。「影と陰」と「光源とモノの明るいところ」もたぶん交換可能。


球の陰と影 平行投影


という雑言はおいといても、絵を描くときに影と陰をむすんでできる円柱なり円錐なりは、イメージできるようになったほうがたぶんいい・・・


球の陰と影 平行投影

関連記事

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/05/26(火) 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<円柱の影と陰 平行投影 | ホーム | 球の陰 透視投影>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linearpers.blog75.fc2.com/tb.php/69-9bd29878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。