スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) スポンサー広告

円柱の影と陰 平行投影

円柱の影と陰を平行投影で。
太陽、地面を適当に決めておく。


円柱の影と陰 平行投影


陰は簡単。円柱の内部に球を内接するように並べることができる。
球のカゲの境界と円柱の交点を結んだ線が円柱のカゲの境界になっている。
円柱だけでなくどんな立体でも内接した球をイメージできれば、陰は描けるはず。


円柱の影と陰 平行投影


影を描くには、まず垂直線の影を作図しておく。


円柱の影と陰 平行投影


透視投影のときとの対比でいえば、次のように太陽の垂点(?)を図示するほうがいいのか?


円柱の影と陰 平行投影


影を作図してみる。
円柱が立っているときは、投影されたとしても円柱の底面のカタチは変わらないので、手数も少なく作図できる。
円柱が転がっているときは・・・なかなかすっきりいかない。
球、円柱、円錐の影と陰は、円錐を平面で切ったときの断面の作図法になりそうなので、そのうちきちんと。


円柱の影と陰 平行投影


色を塗ってみる。
同じ太陽光なのに、影の向きが同じにみえない。


円柱の影と陰 平行投影


関連記事

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/05/28(木) 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<円柱の描き方 | ホーム | 球の陰と影 平行投影>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linearpers.blog75.fc2.com/tb.php/70-d6ebb466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。