スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) スポンサー広告

円錐の消失曲線3

円錐の消失曲線、放物線とか双曲線とかキャンバス上でのとりまわしが難しすぎるので、天球上ではどうなるかみてみる。
90度の円錐。


円錐の消失曲線


消失点(直線)、消失線(平面)にはそれぞれ対応する垂直な消失線、消失点がある。
円錐の消失曲線にも対応する垂直な消失曲線が考えられる。
まあ平面は180度の円錐、直線は0度の円錐(円柱のほうがいい?)と思うことができるわけだし。
で、直交する円錐をいっしょに描いてみた。


円錐の消失曲線


短軸が天球の中心をとおり、次の図の角度が一致するような楕円が、円錐の消失曲線になるようだ。ちょっとややこしいな。


円錐の消失曲線


太陽(視野角2度として)が天球上どのくらいの大きさなのかを示してこの路線終わっておこう。


太陽


関連記事

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/16(火) 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<作図 1次元 平行投影 | ホーム | 円錐の消失曲線2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linearpers.blog75.fc2.com/tb.php/81-31126639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。