スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) スポンサー広告

作図 10m~10km

視点の高さ2m、キャンバスが地面に垂直に視点から2m離れたところにあるとする。
立っているところから、10m、100m、1km、10km離れた線をひいてみる。
90度の視円錐の下端から真下にのばした半直線が2mであることから、その半直線を5倍すれば、10m先の位置がわかる。
5倍ものさしを例えば次のように配置して作図できる。


10m~10km


というか、ものさしは水平に置いたほうが、補助点も消失点とみなすことができるしいいようだ。


10m~10km


同じく10倍ものさしを用意して100m先をもとめる。


10m~10km


10倍ものさしで1km先をもとめる。
円は20度円。


10m~10km


同じく10km先をもとめる。
円は2度円(ほぼ太陽の大きさ)。
地球がまるいことから、2mの高さの視点から水平線までの距離は約5km。
地球が平らだったとしても、5km先は地平線と区別できない、とみるべきか、
地球のまるさはかなりはっきり見えている、とみるべきか、どっちだ。


10m~10km












関連記事

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/21(日) 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<作図 1次元 角度 | ホーム | 作図 1次元 まとめ(失敗)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://linearpers.blog75.fc2.com/tb.php/86-4cb38ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。